1. ホーム
  2. 美容皮膚科~レーザー脱毛

美容皮膚科~レーザー脱毛

ムダ毛は見た目だけでなく、処理で皮膚を傷つける、時間を取られるなどわずらわしいため、脱毛をお考えの方も多いと思います。レーザー脱毛は、レーザー光を利用して、毛が生えるもとになっている部分を破壊する医療行為です。脱毛治療は少ないながらも合併症が起こることがあり、医療機関で治療を受けることが望ましいと言えます。原口クリニックでは安定した高い治療実績のある機器を使用しておりますので、お気軽にご相談ください。

レーザー脱毛 ~よくある質問と回答集

「永久脱毛」をするとまったく毛が生えなくなりますか?
残念ながら答えはNoです。米国電気脱毛協会は「永久脱毛」を「最終脱毛から1か月後の毛の再発率が20%以下になること」と定義しており、「ある程度の期間内に減毛された状態が維持できていればよい」ということになります。治療機器はこの目標を達成するように開発されており、再度毛が生えてくる可能性がある状態でも「永久脱毛」ということになります。
光脱毛とレーザー脱毛の違いはありますか?

光脱毛とレーザー脱毛には違いがあります。光脱毛は表面の皮膚にも反応するため、やけどなどの合併症を起こさないように出力を制限する必要があります。治療回数は多くなりやすいですが、1回の治療時間が短いことが特徴といえます。レーザー脱毛は毛母や毛乳頭に多く含まれるメラニンという色素にターゲットを絞ることができ、やけどなどの合併症を起こしにくく、少ない治療回数で脱毛が達成できる特徴があります。

  メリット デメリット
レーザー脱毛
  • 毛乳頭、毛母にターゲットを絞れるため、合併症を起こしにくい
  • 脱毛効率が高く、治療回数が少ない
  • 痛みを感じることがある(麻酔クリームで和らげることが可能)
  • 1回の治療時間がやや長い
光脱毛
  • 1回の治療時間が短い
  • 痛みが少ない
  • 毛乳頭、毛母にターゲットを絞れず、合併症を起こさないためには出力制限がかかる。(出力を上げるとやけどの危険性が高くなる)
  • 治療回数が多くなりやすい

治療回数はどのくらいかかりますか?
毛周期(毛の新陳代謝のサイクルで成長期→退行期→休止期→成長期を繰り返しています)のうち、成長期にあたる毛だけが治療に反応し、1回の治療で平均20~30%ずつ減っていきます。治療前の状態を100%として30%ずつ減っていくと、1回目で残り70%、2回目で残り49%、3回目で残り34%、4回目で24%、5回目で残り16%と20%を下回り、「永久脱毛」が達成されることになります。治療が進むと残っている毛が細くなっていくため、残っている割合以上に効果が実感できることが多いです。
レーザー脱毛は痛みがありますか?
毛の太さや密度にもよりますが、輪ゴムではじかれたような痛みがあります。麻酔は必要ありませんが、痛みがご心配な方は治療前に麻酔クリームを塗ることで痛みを和らげることができます。(施術の1時間ほど前に来院していただき、クリームを塗っていただく必要があります。)
保険治療はできますか?
脱毛治療は自費診療になります。
費用はいくらになりますか?

詳しくは料金表をご参照ください。治療回数が進み、治療範囲が減った場合は面積に応じた料金になります。

料金表を見る

治療時間の目安を教えてください。

初回は15分ほど脱毛治療のカウンセリングを行います。2回目以降は治療効果と治療範囲の確認後に治療を行います。治療時間の目安は以下の表をご参照ください。

治療部位 治療時間
顔全体 30分
両わき 15分
両腕全体 45分
両大腿全体 45分
両下腿全体 45分
背部全体 60分
Vライン 20分

治療回数や間隔について教えてください。
治療回数は5回程度が目安になります。治療間隔は、顔は1ヵ月に1回程度、その他の部位は2ヵ月に1回程度が目安になります。
合併症はありますか?
治療部位の皮膚が一時的に赤くなる、乾燥する、毛穴が目立つなど、通常の経過でも起こり得る合併症があります。その他、まれな合併症として硬毛化、やけどなどの可能性がありますが、万が一合併症を起こした際もアフターケアを行っておりますのでご安心ください。
治療前に気を付けることはありますか?
治療前に毛を抜いてしまうと脱毛できなくなるので、ムダ毛処理をする場合は剃るようにしてください。日焼けやケガなどの皮膚トラブルがあると施術できないことがありますのでご注意ください。

ページの先頭へ