1. ホーム
  2. 院長コラム
  3. 皮膚のトラブル Part2 胼胝(タコ)、鶏眼(ウオノメ)

院長コラム『Dr.原口のご存じですか?』

皮膚のトラブル Part2 胼胝(タコ)、鶏眼(ウオノメ)

胼胝・鶏眼とは?

 胼胝は皮膚の一部に慢性的な刺激が加わることで角質が厚くなった状態です。刺激を受けた部位の皮膚は少し黄色味を帯びて厚く硬くなって盛り上がり、痛みは無いことが多く、むしろ角質が厚くなることで感覚が鈍いこともあります。生活習慣や職業、その人の癖などにより、胼胝は足のうら以外にも身体の様々な部位に生じます。(例えば、ペンダコ、座りダコ、子供の吸いダコなど)。

 鶏眼は、成人の足のうらや指などにできる硬い皮膚病変で、歩行や圧迫により激しい痛みを伴う特徴があります。中心に魚や鶏の眼のような芯が見えるため、「ウオノメ」と呼ばれています。一定部位に繰り返し異常な圧迫刺激が加わると、角質が厚くなった芯が針のようになり、皮膚の奥に向かって食い込んで神経を刺激して痛みを生じます。

原因と予防について

 胼胝や鶏眼の原因となる「特定の部位への慢性的な刺激」には、

  • 靴があっていない

  • 長時間の歩行

  • 足の変形(骨折などケガによる変形や偏平足など)

  • 歩き方の異常(股関節や膝関節の異常、脳卒中による歩行障害など)

などが挙げられます。特に皮下脂肪が薄い骨や関節部位などにできやすく、原因を見つけて可能な限り対策をすることが重要になります。原因が除去されずに刺激が加わり続けると、治療を続けても治りにくいばかりでなく、一度治っても再発しやすくなります。しかし、実際には原因を完全に除去できないことも多く、その場合は角質を柔らかくする薬や、専用の靴の中敷きなどを使用して、できる限り刺激を少なくするような工夫も必要です。

治療について

 胼胝、鶏眼の治療には原因を取り除くことが重要ですが、痛みを引き起こしている厚くなった角質はメスやハサミで取り除きます。特に鶏眼では針のようになった芯が、皮膚の奥深くに潜り込んでいることがあり、スピール膏を貼って角質を柔らかくしてから取り除きます。

 長期間放置すると、胼胝や鶏眼によって骨が変形する、粉瘤などの腫瘍ができる、胼胝や鶏眼の下に潰瘍ができるなどの合併症を引き起こすことがあります。合併症がある場合は胼胝、鶏眼の治療と同時に合併症の治療が必要になります。特に糖尿病などの持病がある方は小さな潰瘍から足を失いかねない感染症を引き起こすことがあるため、定期的なフットケアとしての治療が重要です。

次のコラムへ

院長コラム一覧へもどる

Get Started

形成外科・皮膚科
美容外科・美容皮膚科

原口クリニック

福岡市博多区博多駅東1-12-5
博多大島ビル3F

<専用フリーダイヤル>

0120-016-460

ページの先頭へ